蛇目を灰汁で洗ったよう(読み)じゃのめをあくであらったよう

精選版 日本国語大辞典「蛇目を灰汁で洗ったよう」の解説

じゃのめ【蛇目】 を 灰汁(あく)で洗(あら)ったよう

(もともと鋭いヘビの目を、さらに灰汁で洗うから) 眼光のきわめて鋭いさま。目などのきらきら光るさま。また、正邪悪など物事を明らかに識別する眼力をたとえていう。
※俳諧・山の井(1648)秋「(ジャ)の目あくであらうみ照す月夜哉〈貞徳〉」
歌舞伎勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)六幕「当時仁者と名の高い大館様へお願ひ申し御詮議受けたら御名智に蛇(ジャ)の目(メ)を灰汁(アク)で洗(アラ)ったやうに、善と悪とは分かります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android