村井長庵(読み)むらい・ちょうあん

朝日日本歴史人物事典「村井長庵」の解説

村井長庵

講釈,歌舞伎の登場人物。大岡政談中の人物の多くがそうであるように実話かは明らかでない。強悪非道な悪徳医師の代名詞的存在として知られる。実録本『大岡仁政録』によると,実弟を殺したうえその妻を友人に殺させ,娘ふたりを吉原に売ったかどで,享保2(1717)年,名奉行大岡越前守忠相の裁きを受けた。これに基づきまず講釈種となって人口膾炙,のちに河竹黙阿弥が文久2(1862)年名優4代目市川小団次のために書き下ろし,自身生涯の会心作とした。「酷い殺しも金ゆえだ,恨みがあるなら金に言え」とうそぶくように,他の黙阿弥作品の白浪達と違い因果律無常観と無縁な,ドライな悪漢ぶりが長庵を特異な存在にしている。

(上村以和於)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「村井長庵」の解説

村井長庵 むらい-ちょうあん

講談「大岡政談」の登場人物。
三河(愛知県)の貧農の生まれで,江戸で町医者となる。娘を吉原に売った帰りの義弟重兵衛を殺害して金をうばい,自分の患者である浪人に罪をなすりつけるなど,悪のかぎりをつくすが,やがて大岡裁きの前に罪を白状する。河竹黙阿弥により「勧善懲悪覗機関(かんぜんちょうあくのぞきからくり)」として歌舞伎化された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「村井長庵」の解説

むらい‐ちょうあん【村井長庵】

江戸中期の町医者三河国(愛知県)生まれ。江戸麹町に住む。弟夫婦を欺いて吉原にその娘を売り、その代金をだましとり、かつ弟夫婦を殺し、その罪を浪人になすりつけるなど多くの悪事をなした。享保二年(一七一七刑死。講釈「大岡政談」、歌舞伎「勧善懲悪覗機関」をはじめ実録、講釈、戯曲などに取り上げられた。

むらいちょうあん むらゐチャウアン【村井長庵】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「村井長庵」の解説

村井長庵
(通称)
むらいちょうあん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
勧善懲悪覗機関 など
初演
文久2.閏8(江戸・守田座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android