蛇貝(読み)ヘビガイ

  • じゃがい ‥がひ
  • へびがい ‥がひ
  • へびがい〔がひ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 貝「へびがい(蛇貝)」の異名
〘名〙 ムカデガイ科に属し、殻がとぐろを巻いた蛇のように見える貝の総称。殻は管状で不規則にねじれ、岩に固着する。粘液を網のように張り、付着したプランクトンなどを食べる習性がある。日本近海に約一〇種知られる。代表種のオオヘビガイは北海道南部以南の潮間帯の岩礁にふつうに見られ、肉は食用のほか釣餌に用いる。じゃがい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android