コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蛇貝 オオヘビガイ

デジタル大辞泉の解説

おお‐へびがい〔おほへびがひ〕【大蛇貝】

ムカデガイ科の巻き貝潮間帯の岩に固着する。不規則に巻いた管状の殻をもち、口から糸状粘液を出して張り巡らし、餌をとる。本州以南に分布食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおへびがい【大蛇貝】

海産の巻貝。茶褐色の管状の殻が不規則に成長し、ヘビがとぐろを巻いたような形になる。殻径5~8センチメートル。各地の潮間帯の岩に付着し、粘液の網を出して、それに付着した有機物などを食べる。食用。まがり。ハマカズラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大蛇貝 (オオヘビガイ)

学名:Serpulorbis imbricata
動物。ムカデガイ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大蛇貝の関連キーワード茶褐色有機物ヘビ海産巻貝

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android