コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蛇貝 オオヘビガイ

2件 の用語解説(大蛇貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐へびがい〔おほへびがひ〕【大蛇貝】

ムカデガイ科の巻き貝。潮間帯の岩に固着する。不規則に巻いた管状の殻をもち、口から糸状の粘液を出して張り巡らし、餌をとる。本州以南に分布。食用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおへびがい【大蛇貝】

海産の巻貝。茶褐色の管状の殻が不規則に成長し、ヘビがとぐろを巻いたような形になる。殻径5~8センチメートル。各地の潮間帯の岩に付着し、粘液の網を出して、それに付着した有機物などを食べる。食用。まがり。ハマカズラ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone