蛍葛(読み)ホタルカズラ

デジタル大辞泉の解説

ほたる‐かずら〔‐かづら〕【蛍葛】

ムラサキ科の多年草。日当たりのよい山野に自生。高さ約20センチで、長楕円形の葉を互生。全体に粗い毛がある。春、茎頂にるり色の5弁花を開く。花後、基部から横にはう枝を出し、新株を生じる。るりそう。ほたるそう。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほたる‐かずら ‥かづら【蛍葛】

〘名〙 ムラサキ科の多年草。各地の山地の日当たりのよい路傍などに生える。高さ一五~二〇センチメートル。全体に剛毛を密生する。葉は卵状長楕円形で長さ二~六センチメートル。四~五月頃、茎頂に先が五裂した径一・五センチメートルぐらいのるり色の筒状花が咲く。果実は卵球形で小さく、白く熟す。ほたるそう。るりそう。《・夏》 〔俳諧・清鉋(1745頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android