コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛤刃 ハマグリバ

大辞林 第三版の解説

はまぐりば【蛤刃】

刃物の、鎬しのぎから刃までの間を蛤の貝殻のようなふくらみをもたせて研ぎ上げたもの。丸刃。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蛤刃の言及

【石斧】より

…この区別が斧の分類で第一義的な役割を果たさないことは,後述の通りである。側面観で刃の面が一直線をなす刃を切刃(きりば),まるみをもつ刃を蛤刃(はまぐりば)と称する。一方が蛤刃で,他方が切刃あるいはくぼんだ形状をなすものは,円鑿形石斧(まるのみがたせきふ)と呼ぶ。…

【刃物】より

…しかし考古学では,刃と直交方向の断面で,刃の両面が相称をなせば両刃,非相称であれば片刃とする呼び分けを行っている。この断面が直線をなせば切刃(きりば)と呼び,丸みをもつ刃は蛤刃(はまぐりば)と呼ぶ。 刃物を材料で分類すると石,青銅,鉄に大別される。…

※「蛤刃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛤刃の関連キーワード南小泉遺跡玉石里遺跡原の辻遺跡瓜郷遺跡弥生文化菅生遺跡抉入石斧磨製石器有角石斧蛤刃石斧今山遺跡骨斧石器石斧