コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛸水母/章魚水母 タコクラゲ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐くらげ【×蛸水母/章魚水母】

クラゲ綱タコクラゲ科の腔腸(こうちょう)動物。は半球形で直径約20センチ、寒天質中に共生する藻類のため褐色をしていることが多い。下面にある口のまわりから8本の口腕が垂れ、その先に棒状の付属器が垂れる。本州中部以南の内湾などで夏にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たこくらげ【蛸水母】

海産のクラゲの一種。傘の部分は半球形で、大きなものは直径20センチメートルになる。傘の下に触手と八本の口腕がある。暖流域に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛸水母 (タコクラゲ)

学名:Mastigias papua
動物。タコクラゲ科の海産動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蛸水母/章魚水母の関連キーワード触手分布

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android