蛻/裳脱け/藻抜け(読み)モヌケ

精選版 日本国語大辞典の解説

も‐ぬ・ける【蛻】

〘自カ下一〙 もぬ・く 〘自カ下二〙
① セミやヘビなどが外皮を脱ぐ。脱皮する。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※古活字本荘子抄(1620頃)七「父に子がかはり子に孫がかはるはのもぬけていぬる如し」
② 抜けて外に出る。抜ける。脱する。脱出する。
※霊異記(810‐824)中「日本の地を蛻け、奇神知らざるに遷りき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android