コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融蝕 ゆうしょくcorrosion

翻訳|corrosion

岩石学辞典の解説

融蝕

(1) 天然の溶液や水との化学反応で岩石がすり減る過程[Grabau : 1920, Holmes : 1965].(2) 斑晶または捕獲結晶などがマグマの残液の影響をうけて,鉱物が条件の変化による液反応で外部から部分的に溶解すること.融蝕の程度は結晶の方向性や成長速度にも関係する[Eskola : 1915, Johannsen : 1932, Schieferdecker : 1959].(3) 川や氷河で土地や岩石が垂直に掘削されることにも使用される.ラテン語のcorredeは噛み切ってばらばらにする意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

融蝕の関連キーワード苛性変成作用融蝕結晶熔融形融蝕縁熔食

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android