コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融蝕 ゆうしょく corrosion

翻訳|corrosion

1件 の用語解説(融蝕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

融蝕

(1) 天然の溶液や水との化学反応で岩石がすり減る過程[Grabau : 1920, Holmes : 1965].(2) 斑晶または捕獲結晶などがマグマの残液の影響をうけて,鉱物が条件の変化による液反応で外部から部分的に溶解すること.融蝕の程度は結晶の方向性や成長速度にも関係する[Eskola : 1915, Johannsen : 1932, Schieferdecker : 1959].(3) 川や氷河で土地や岩石が垂直に掘削されることにも使用される.ラテン語corredeは噛み切ってばらばらにする意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

融蝕の関連キーワード可逆反応活動度触媒代謝中間体発熱反応腐食化学反応式ルシャトリエ光化学反応反応アイソグラッド

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone