コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融雪型火山泥流 ユウセツガタカザンデイリュウ

デジタル大辞泉の解説

ゆうせつがた‐かざんでいりゅう〔‐クワザンデイリウ〕【融雪型火山泥流】

雪が積もった火山で、噴火に伴う火砕流などの熱によって雪が融けて大量の水が発生し、土砂や岩石を巻き込みながら、高速で斜面を一気に流れ下る現象。火口から遠方まで広範囲に到達し、大きな被害を引き起こすことがある。融雪泥流。→火山泥流

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

融雪型火山泥流の関連キーワード火山災害噴火警報大正泥流

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

融雪型火山泥流の関連情報