コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹守貝 カニモリガイ

デジタル大辞泉の解説

かにもり‐がい〔‐がひ〕【×蟹守貝】

オニノツノガイ科の巻き貝。貝は細長い円錐形で、殻高3センチくらい。殻表は茶褐色で、顆粒(かりゅう)状の肋(ろく)をもつ。殻はよくヤドカリに利用される。本州以南の太平洋海域の砂底にすむ。殻は貝細工に使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かにもりがい【蟹守貝】

海産の巻貝。殻は細く先端がとがり、殻長40ミリメートル、殻径15ミリメートルほど。褐色の斑条がある。死殻にヤドカリが入るのでこの名がある。貝細工の材料。温・熱帯海域の浅海の砂底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟹守貝 (カニモリガイ)

学名:Ochetoclava kochi
動物。オニノツノガイ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蟹守貝の関連キーワードカニモリガイ先端褐色巻貝斑条海産浅海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android