コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血清コレステロール けっせいコレステロールserum cholesterol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血清コレステロール
けっせいコレステロール
serum cholesterol

血清中にある誘導脂質の一つ。脂肪酸と結びついたエステル型と,別々に離れた遊離型の2種があり,あわせて総コレステロールという。動脈硬化や結石の一因ともなるが,血管の強化や維持に重要な役割を果し,また副腎皮質ホルモンや性ホルモン,あるいは胆汁酸をつくる材料になる。人体には欠かせないもの。総コレステロールの正常値は 120~220mg/dl。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

血清コレステロールの関連キーワード高コレステロール血症プロバイオティクス甲状腺機能低下症機能性食用油脂吸収不良症候群ビタミン過剰症コレスチラミン必須脂肪酸動脈硬化症肝機能検査レシチン大豆食品スタチンアミノ酸肝臓薬疹

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血清コレステロールの関連情報