コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血清抗体検査 ケッセイコウタイケンサ

デジタル大辞泉の解説

けっせい‐こうたいけんさ〔‐カウタイケンサ〕【血清抗体検査】

血清に含まれる抗体の量を測定することで、細菌ウイルス感染の有無を確認する検査。約0.5ミリリットルの血清でインフルエンザ麻疹風疹トキソプラズマなどの感染の有無や、現在の免疫力の程度などがわかる。
[補説]感染初期に産生されるIgM抗体と、感染から約2週間後に上昇し、回復後も持続するIgG抗体について検査する。発病初期と回復期の血清を比較し、IgG抗体価が4倍以上に上昇していれば陽性と判定する方法(ペア血清検査)と、単一の血清を調べてIgM抗体価が陽性の場合は最近の感染、IgG抗体価が陽性の場合は過去の感染と判断する方法がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血清抗体検査の関連情報