陽性(読み)ようせい

精選版 日本国語大辞典「陽性」の解説

よう‐せい ヤウ‥【陽性】

〘名〙
① 事物の本質、現象を陰陽に分けた時に、陽に属するもの。また、その特性、働き。天候上では、万物の生き生きとする陽春の気をいう。⇔陰性
※乾坤弁説(1656)亨「夫雪と云は、日輪の陽性に随て、中部の風中迄上騰する湿気、其体重濁なるが故に、上部の風大に至ること不能して、中部の風中に留滞する」 〔申鑒‐雑言・下〕
② (形動) 性質が明るいこと。陽気で活発な性質。また、うちにこもらないで開放的なさま。⇔陰性
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「あれはふざけ廻るのを天職の様に心得て居る。全く陽性の気狂に相違ない」
③ 化学で、原子が陽イオンになりやすいこと。また、原子が他の原子と結合する際、電子を引きつける傾向が弱いこと。⇔陰性。〔稿本化学語彙(1900)〕
④ 「ようせいはんのう(陽性反応)」の略。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報