コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆議統裁 シュウギトウサイ

2件 の用語解説(衆議統裁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎ‐とうさい【衆議統裁】

会議で、出席者が各自意見を述べたあと多数決を採らないで、委員長や議長が裁断を下すこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の衆議統裁の言及

【大政翼賛会】より

…翼賛会は〈国防国家体制〉の政治的中心組織として位置づけられ,〈大政翼賛の臣道実践〉をスローガンに大政翼賛運動を推進した。会の運営は多数決原理を廃止し,ナチスの指導者原理をまねた〈衆議統裁〉(衆議はつくすが最終決定は総裁が下す)方式によっておこなわれた。総裁は首相が兼任し(歴代総裁は近衛,東条英機,小磯国昭,鈴木貫太郎),事務総長以下の全役員の任免権を握り,中央本部には総務・組織・政策・企画・議会の5局と23部が置かれた。…

※「衆議統裁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone