コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行き掛けの駄賃 ユキガケノダチン

3件 の用語解説(行き掛けの駄賃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

行(ゆ)き掛(が)けの駄賃(だちん)

馬子(まご)が問屋に荷物を取りに行く途中に、他の荷物を運んで得る駄賃。転じて、事のついでに他の事をすること。いきがけの駄賃。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いきがけのだちん【行き掛けの駄賃】

き掛けの駄賃(「ゆきがけ」の句項目)

ゆきがけのだちん【行き掛けの駄賃】

〔馬子まごが問屋へ駄馬を引いて荷物を取りに行くついでによその荷物を運び、余分に運び賃をかせいだことから〕
ある事をするついでにちょっと他の事をする。いきがけの駄賃。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone