行儀のよいアプリケーション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

行儀のよいアプリケーション

MS-DOSがアプリケーションに提供したシステムサービスはファイルI/O程度だったため、他の多くの処理(グラフィックス処理やキーボード操作など)で、MS-DOSアプリケーションはシステムのBIOSを直接操作したり、ハードウェアI/Oを直接操作したりするのが普通だった。これに対しマルチウィンドウシステムであるWindowsでは、ハードウェアはWindowsレベルで仮想化されており、Windowsアプリケーションは、基本的にWindowsが提供するサービスのみによって作成されなければならない。このようなWindowsのマナーに従ったアプリケーションは「行儀のよいアプリケーション」と呼ばれる。逆にWindowsのマナーに従わず、BIOSやハードウェアを直接操作するようなアプリケーションは「行儀の悪いアプリケーション」と呼ばれる。またVer.3.1までのWindowsでは、マルチタスク方式としてノンプリエンプティブなマルチタスクが採用されており、複数アプリケーション間での実行の切り替えは、アプリケーションからの自主的なメッセージの取り出しに頼っていた。このためメッセージをいつまでも取り出さないアプリケーションが存在すると、他のアプリケーションばかりでなく、Windowsシステム自体も動けなくなってしまう。このメッセージの取り出しをいつまでも行なわないアプリケーションも、「行儀の悪いアプリケーション」と呼ばれることがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報