コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行儀 ギョウギ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐ぎ〔ギヤウ‐〕【行儀】

礼儀の面からみた立ち居振る舞い。また、その作法・規則。「行儀よく座る」「行儀が悪い」
しわざ。行状。
「悉皆(しっかい)盗人の―か」〈浄・大経師
仏語。行事の儀式のやり方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうぎ【行儀】

作法にかなうかどうかという点から見た立ち居振る舞い。 「 -が悪い」 「 -良くしていなさい」 「 -を知らない」
おこない。しわざ。したこと。 「見限りはてた旦那殿、悉皆盗人の-か/浄瑠璃・大経師
〘仏〙 法会や修法の定められた方式。 「聖ひじりが-を見給へば/平家 10」 〔「行儀」が作法にかなうか否かという観点から見た動作・態度をいうのに対して、類義の語の「礼儀」は他人と交際するうえで人として踏み行うべき規則の意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行儀の関連キーワード行儀のよいアプリケーション折り目正しい・折目正しい他人事[たにんごと]座作進退・坐作進退見習い・見習外様がましい余所余所しい正座・正坐余所がまし端座・端坐他人付合い行儀正しい折目正しい会所めく上がり膳正法眼蔵情操教育他人行儀須賀栄子行儀作法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行儀の関連情報