コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行為関係枠 こういかんけいわくaction frame of reference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行為関係枠
こういかんけいわく
action frame of reference

T.パーソンズ,E.シルズらによる「行為の一般理論」において提示された人間行動に関する分析的枠組み。行為者の欲求性向,目標および状況という3つのカテゴリーを最初の大きな枠組みとし,ある状況に対する行為者の志向性を分析する。志向の対象には物理的対象と蓄積された文化的資源,個人行為者と集合体から成る社会的対象とが措定され,ここからそれぞれが他に還元できない物理的資源,社会体系,パーソナリティ体系,文化体系を析出し,これらの全体的関連を通じて行為体系が解明される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android