志向性(読み)しこうせい(英語表記)Intentionalität

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志向性
しこうせい
Intentionalität

現象学の用語。意識は常にあるものについての意識であり,その意識の特性志向性という。ラテン語の intentioに由来し,スコラ学では intentio prima (第一志向) と intentio secunda (第二志向) とに区別され,前者は対象についての直接的意識,後者は対象についての間接的意識,つまり対象についての意識を対象とする反省的意識を意味した。近代で,心的作用の特質として意識の志向性に注意したのは F.ブレンターノである。彼はアリストテレス,トマス・アクィナスを研究し,記述心理学の立場から内部知覚の対象としての心理的現象を物理的現象から区別し,その特質を志向的内在に求めた。 E.フッサールはブレンターノから示唆を受けたが,しかし対象の志向的内在に関して志向的対象 (ノエマ) と志向的作用 (ノエシス) とは並存しているのではなく,ひとつの志向的経験があるにすぎないとし,志向的経験の分析,作用における対象への志向的関係の分析が現象学の中心課題であるとした。 (→ノエシス )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しこう‐せい〔シカウ‐〕【志向性】

《〈ドイツIntentionalität》現象学で、すべての意識は常にある何ものかについての意識であるという、意識の特性をいう。指向性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

志向性【しこうせい】

ドイツ語インテンツィオナリテートの訳。フッサール現象学用語。〈意識は常に何かについての意識である〉という意識の構造,さらには超越論的主観が対象に意味を付与する作用(構成的機能)をいう。フッサールが師ブレンターノから借りて用いた術語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しこうせい【志向性 intentionality】

意識の本質性格を示す,フッサール現象学の術語で,現象学の研究領域全体を示唆する主要概念。彼の恩師ブレンターノは,〈対象の志向的,心的内在〉という中世スコラ哲学の用語を借用して,物理的現象と異なる心的現象の特性は,対象に関係し,志向的にそれを内蔵している点にあるとした。これに倣ってフッサールもまず最初は,志向性という術語で〈意識は常に何かについての意識である〉という,意識の態的構造を表現した。しかしその後彼の関心が,意識構造の単なる記述的研究から,意識作用の諸機能と(いわゆる超越的な)意識対象の在り方についての超越論的‐構成的研究へ進むにつれて,志向性も〈自我は意識されたものを意識されたものとして意識する〉という主観‐客観の機能的関係を表す術語となり,超越論的主観が志向的対象にその対象的意味を付与する作用(すなわち構成的機能)が志向性と呼ばれるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しこうせい【志向性】

ブレンターノの心理学・フッサールの現象学における意識のもつ特性。すべての意識は何ものかについての意識であり、常に一定の対象に向かっていること。実存哲学では人間存在の存在論的特性に拡大される。指向性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志向性
しこうせい
Intentionalittドイツ語

現象学の基本概念であり、意識がつねに「或(あ)るものについての意識」であり、つねに一定の対象に向けられていることをいう。ブレンターノは心的現象を物的現象から区別するために、スコラ哲学の志向intentioに由来する志向的内在という術語を用いた。フッサールはこの志向性を構成的志向性へと深め、世界の超越論的構成の問題として発展させた。さらにハイデッガーは志向性を「存在への超越」のうちに基礎づけることを試み、メルロ・ポンティは生きられた世界とのかかわりのうちで、志向性の問題を展開した。[細川亮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しこう‐せい シカウ‥【志向性】

〘名〙 (Intentionalität の訳語) 意識は常に特定の対象に向けられているという性質。意識の本質構造の特性を述べた語で、ブレンターノ、フッサールが強調した現象学の重要概念。
※人間の学としての倫理学(1934)〈和辻哲郎〉二「志向性に於て或『もの』を見るとき、この見られたものはあくまでもノエーマであってノエーシスではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の志向性の言及

【意識】より

…その意味では,カントの構成主義はフッサールに継承されたと言ってよい。彼においては,意識は〈何ものかの意識〉として,対象定立的〈志向性〉を本質とするが,志向性はまた,受動的に与えられる〈生活世界〉をはじめ,知的に構築される科学の諸理念に至るまでのいっさいを〈構成〉する総合の働きでもあったのである。その際,〈受動的総合〉といった概念の導入によって,総合と事実上の自己意識の諸段階との調和が図られているのは,一つの前進と言える。…

【行為】より

…〈スイッチを押す〉という意図的な行為が実現していないからである。行為への意図は,単に意図の結果としてある行為が生ずることを意図するのみならず,まさにその意図によって行為が引き起こされることを意図することをも同時に含んでいる点で,〈自己関係的〉構造を示しており,意図の志向性はこの点で単なる欲求の志向性と区別される。このように考えてくるなら,行為とは,単なる物理的な現象とは違って,欲求,信念,意図などの志向的状態を伴った身体的運動だということになる。…

【フッサール】より

…この条件を充足する第1の所与は,反省的直観によって直接明証的に把握される自我の〈意識現象〉すなわち自分自身の知覚体験や認識体験の内在領域である。したがって,これら意識体験の構造と機能を記述することが,現象学的研究の第1の課題となり,そしてその結果,意識の本質特性はその志向性(すなわちつねに何らかの対象に関係し,それを思念すること)にあることが確認された。次いでこの特性と関連する第2の課題は,志向される〈対象現象〉としての諸事物とその世界の根源的な在り方を,あくまでも意識体験との相関関係の中で解明することであり,そして第3の課題は,意識する自我それ自身の存在性格を考察することである。…

【論理学研究】より

…それに対して第2巻の主題は,それらイデア的諸対象を認識する主観の意識体験に立ち帰って,その構造や機能を記述分析することにある。この記述的研究の最大の成果は,意識の本質特性をなす志向性,すなわち意識はつねに何らかの対象に関係して,それに何らかの意味規定を与えるものであること,したがってまた,われわれにとって認識可能・存在可能な対象は,つねに何らかの意識作用の相関者であるという事情を解明したことや,本質直観の可能性とその方法論的重要性を示したことである。しかし本書の論述はまだ不完全であり,その後いろいろ修正される。…

※「志向性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志向性の関連情報