コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化体系 ぶんかたいけいculture system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化体系
ぶんかたいけい
culture system

文化の諸要素間の相互関連や全体としての秩序などに注目する際に用いられる概念。研究者の視点の抽象度の高低に応じて理念の論理的,審美的統合体から社会的規範の組織までさまざまな指示する対象をもつ。 T.パーソンズの行為理論では,それらすべてを含む階層的なシンボルの体系を文化体系と呼んでいる。文化人類学は従来,ばらばらの文化要素に着目する傾向が強く,文化要素間の関係,全体的秩序に注目しはじめたのは C.K.M.クラックホーン (1905~60) あたりからで,その歴史は新しい。さまざまな文化体系論に共通した文化体系の特徴づけは,(1) 文化パターン,(2) 文化的統合,(3) 体系の境界維持作用,(4) 体系の自律性,(5) 社会的行為の指針,などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

文化体系の関連キーワードリンド(Robert Staughton Lynd)作品(作者によって生み出されたもの)国際関係の社会学価値の社会学通文化調査行為関係枠社会統合小山裕久幕藩体制行為体系統合体系恥の文化原文化伝承伝播食制習俗

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化体系の関連情報