コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

1件 の用語解説(行覚法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

1274-1293 鎌倉時代,後深草天皇の第5皇子。
文永11年生まれ。母は三条公親(きんちか)の娘。正応(しょうおう)元年出家,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院にはいり,翌年親王となる。園城寺長吏,摂津四天王寺(大阪府)の別当をつとめた。一身阿闍梨(あじゃり)。永仁(えいにん)元年9月22日死去。20歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

行覚法親王の関連キーワード後深草天皇西園寺実氏持明院統寛元俊英宝治今林准后後深草院少将内侍大納言典侍近子弁内侍(1)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone