コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

1274-1293 鎌倉時代,後深草天皇の第5皇子。
文永11年生まれ。母は三条公親(きんちか)の娘。正応(しょうおう)元年出家,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院にはいり,翌年親王となる。園城寺長吏,摂津四天王寺(大阪府)の別当をつとめた。一身阿闍梨(あじゃり)。永仁(えいにん)元年9月22日死去。20歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

行覚法親王の関連キーワード藤原房子(1)恒助法親王後深草天皇鎌倉時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android