コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行覚法親王 ぎょうかくほうしんのう

1274-1293 鎌倉時代,後深草天皇の第5皇子。
文永11年生まれ。母は三条公親(きんちか)の娘。正応(しょうおう)元年出家,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院にはいり,翌年親王となる。園城寺長吏,摂津四天王寺(大阪府)の別当をつとめた。一身阿闍梨(あじゃり)。永仁(えいにん)元年9月22日死去。20歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行覚法親王の関連キーワード永仁平頼綱マジャパイト王国ラデン・ビジャヤ東南アジア史(年表)郭守敬蒙古襲来絵詞元の時代(年表)宗助国宗助国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone