行雲流水(読み)コウウンリュウスイ

デジタル大辞泉の解説

こううん‐りゅうすい〔カウウンリウスイ〕【行雲流水】

空を行く雲と流れる水。物事に執着せず、淡々として自然の成り行きに任せて行動することのたとえ。「行雲流水の生活」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こううんりゅうすい【行雲流水】

〔宋史 蘇軾伝
空行く雲や流れる水のように、一事に執着せず、自然にまかせて行動すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こううん‐りゅうすい カウウンリウスイ【行雲流水】

〘名〙 ただよう雲と流れる水。他の力にさからわないで、滞りなく動く自然のゆうゆうとした姿。自然のまま、なりゆきにまかせて行動するさまなどをたとえていう。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「苦沙彌君の文は行雲流水の如しとありましたよ」 〔宋史‐蘇軾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行雲流水の関連情報