コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

術後逆流性食道炎 じゅつごぎゃくりゅうせいしょくどうえんpostoperative reflux esophagitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

術後逆流性食道炎
じゅつごぎゃくりゅうせいしょくどうえん
postoperative reflux esophagitis

胃全摘術や食道切除術などで噴門部を切除した場合に,胃酸や腸液胆汁などが吻合部をこえて食道にまで逆流することによって起る食道炎をいう。食道粘膜は発赤びらんが強くなり,ときに潰瘍形成もみられる。症状は胸焼けおくび,胸骨後方の痛みなどで,治療には制酸剤や食道粘膜被護剤を用いたり,上体を高くして就寝することが必要となる。予防的手術法も種々考案されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android