コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

術無し ズチナシ

デジタル大辞泉の解説

ずち‐な・し【術無し】

[形ク]なすすべもなく困り果てるさま。じゅつない。ずつない。
「妹のあり所申せと責めらるるに―・し」〈・八五〉

ずつ‐な・し【術無し】

[形ク]《「ずちなし」の音変化》どうにもしようがない。せつない。つらい。じゅつない。
「白髪蒼顔なる形も―・き事もよく相似たるを」〈四河入海・二一〉
「ああ―・い苦しいと悶えわななきそぞろ言」〈浄・油地獄

すべ‐な・し【術無し】

[形ク]どうしてよいかわからず困りはてるさま。どうしようもない。
「かくばかり―・きものか世の中の道」〈・八九二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずちなし【術無し】

( 形ク )
なすすべがなく苦しい。どうにもならない。じゅつなし。ずつなし。 「持ちて候物を故なく召され候はば、-・きことに候ひなん/宇治拾遺 1

すべなし【術無し】

( 形ク )
なすべき手段がない。しかたがない。 「かくばかり-・きものか世の中の道/万葉集 892

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

術無しの関連キーワードきもの万葉集手段

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android