コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁塵秘抄口伝集 りょうじんひしょうくでんしゅう

1件 の用語解説(梁塵秘抄口伝集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうじんひしょうくでんしゅう【梁塵秘抄口伝集】

後白河法皇の著。現存のものは巻一断簡と巻十のみ。もと10巻で《梁塵秘抄》20巻のうちの半分を占めるか。1169年(嘉応1)3月中旬ころまでに巻一から巻九までが成り,その後年月を経て1179‐80年(治承3‐4)以降成立。巻一は神楽,催馬楽(さいばら),風俗(ふぞく)の起りや沿革などを述べ,それ以外の歌として〈今様〉を記しその起源を述べる部分で切れ,以下を欠く。《梁塵秘抄》巻一と同じく見本的なものか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の梁塵秘抄口伝集の言及

【今様】より

…さらに《吉野吉水院楽書(よしのきつすいいんがくしよ)》には〈今様ノ殊ニハヤルコトハ後朱雀院ノ御トキヨリナリ〉とあり,藤原資房の《春記》にも1040年(長久1)〈今様歌之戯有リ〉と記録され,この時期に貴族社会で流行し始めたとみられる。後白河法皇にいたっては,臣下のみならず,各地の遊女,傀儡子(くぐつ)(傀儡)に就いてまで今様を習い集め,その集大成をめざして《梁塵秘抄(りようじんひしよう)》を編むとともに,後世への伝承を意識した《梁塵秘抄口伝集》を著した。 今様の定義は時代や場合によってかなりの異同があり,《梁塵秘抄口伝集》は広義,狭義2種類の使い方をしている。…

【郢曲抄】より

…1巻。《梁塵秘抄口伝集》巻十一ともいう。同巻十二,十三,十四とともに,異本口伝集とも呼ばれる。…

【鐘∥鉦】より

… 鉦は風流(ふりゆう)系の芸能に広く使われる。金属製打楽器の音は悪霊を鎮める力をもつと考えられ,《梁塵秘抄口伝集》巻第十四にも京都紫野のやすらい花の囃子として〈かね〉を記している。鎌倉時代に空也僧が鹿の角のついた杖をかつぎ,胸に鉦をつけて歩いたことが《法然上人行状絵図》に描かれ,時宗(じしゆう)の開祖,一遍が空也をあがめて広めた踊念仏にも鉦が使われている。…

※「梁塵秘抄口伝集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梁塵秘抄口伝集の関連キーワード丹後局長講堂領若王子神社梁塵秘抄家寛白河殿後白河法皇厳島内侍円恵法親王源仲国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone