コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星政党 エイセイセイトウ

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐せいとう〔ヱイセイセイタウ〕【衛星政党】

独裁体制の国などで、政権政党以外に存在が許され、体制に翼賛する小政党。少数民族や特定の職種などの利益をある程度代表するが、政権政党にあらがうことはない。内外からの独裁批判をかわすカムフラージュとして存在する場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

衛星政党の関連キーワードヘゲモニー政党制覇権

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛星政党の関連情報