翼賛(読み)ヨクサン

大辞林 第三版の解説

よくさん【翼賛】

( 名 ) スル
力をそえてたすけること。補佐すること。 「朕が意を体し-する所あれ/新聞雑誌 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よく‐さん【翼賛】

〘名〙
① 力をそえてたすけること。補佐すること。扶翼・賛助すること。
※続日本紀‐養老三年(719)一〇月辛丑「必由翼賛之功、始有運」
※東京日日新聞‐明治一七年(1884)二月二〇日「縉紳貴族四十六家の翼賛を得て成立する女学校にして」 〔蜀志‐董允伝〕
② 特に、天皇を補佐して政治を行なうこと。
※てんやわんや(1948‐49)〈獅子文六〉花兵「鬼塚先生が、翼賛代議士としても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翼賛の関連情報