コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星漁業 えいせいぎょぎょう

1件 の用語解説(衛星漁業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛星漁業
えいせいぎょぎょう

人工衛星を利用して,日本の沿岸,沖合い海域の海水温度や海流速度をコンピュータで解析し,魚群を予測して漁獲高を増加させる漁業。この衛星情報利用システムは,現在水産庁が実用化試験を推進している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛星漁業の関連キーワード宇宙中継衛星航法システム衛星コンステレーション準天頂衛星システム準同期軌道人工衛星保険中軌道WIDESTAR磁気トルカ子衛星

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone