コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝角付冑 しょうかくつきかぶと

1件 の用語解説(衝角付冑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかくつきかぶと【衝角付冑】

日本の古墳時代の冑の一種で,5世紀から7世紀にかけて,短甲挂甲組み合わせて用いられた。平面形は,前後に少し長い卵形をしており,前面の衝角部には稜がつく。鉄製が一般的であるが,ごくまれに鉄地金銅張製があり,また,例は少ないが,革製の存在も知られている。多くは,衝角部と頂部の伏板が1枚の鉄板でできており,U字形に湾曲させた帯状鉄板2枚を上下に並べて衝角部で合わせ,それぞれの間に,各種の地板を内側から重ねる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の衝角付冑の言及

【甲冑】より

…騎馬の風習と関連して5世紀中葉に出現し,正倉院に伝わる挂甲を経て平安時代の大鎧へと変化する。冑には衝角付(しようかくつき)冑,眉庇付(まびさしつき)冑のほかに,小札を革紐で綴じ合わせた冑が4世紀代にある。衝角付冑は5世紀から奈良時代に近い時期まで用いられているが,眉庇付冑は5世紀中葉以降の限られた期間のものである。…

【冑∥兜】より

…頭にかぶる鉄製の武具。古墳から出土する甲(よろい)には短甲挂甲(けいこう)の2種があり,冑にも衝角付冑(しようかくつきかぶと)と眉庇付冑(まびさしつきかぶと)の二つがある。形の上で衝角付冑は短甲に,眉庇付冑は挂甲に属するものと思われる。…

※「衝角付冑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衝角付冑の関連情報