衝角付冑(読み)しょうかくつきかぶと

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかくつきかぶと【衝角付冑】

日本の古墳時代一種で,5世紀から7世紀にかけて,短甲挂甲と組み合わせて用いられた。平面形は,前後に少し長い卵形をしており,前面の衝角部にはがつく。鉄製が一般的であるが,ごくまれに鉄地金銅張製があり,また,例は少ないが,革製の存在も知られている。多くは,衝角部と頂部の伏板が1枚の鉄板でできており,U字形に湾曲させた帯状鉄板2枚を上下に並べて衝角部で合わせ,それぞれの間に,各種の地板を内側から重ねる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の衝角付冑の言及

【甲冑】より

…騎馬の風習と関連して5世紀中葉に出現し,正倉院に伝わる挂甲を経て平安時代の大鎧へと変化する。冑には衝角付(しようかくつき)冑,眉庇付(まびさしつき)冑のほかに,小札を革紐で綴じ合わせた冑が4世紀代にある。衝角付冑は5世紀から奈良時代に近い時期まで用いられているが,眉庇付冑は5世紀中葉以降の限られた期間のものである。…

【冑∥兜】より

…頭にかぶる鉄製の武具。古墳から出土する甲(よろい)には短甲挂甲(けいこう)の2種があり,冑にも衝角付冑(しようかくつきかぶと)と眉庇付冑(まびさしつきかぶと)の二つがある。形の上で衝角付冑は短甲に,眉庇付冑は挂甲に属するものと思われる。…

※「衝角付冑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android