表着(読み)うわぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表着
うわぎ

(1)服装のいちばん上に重ねて着る服。
(2)公家(くげ)女子衣服の一種(垂領(たりくび)形式で、仕立ては今日の着物と大差ないが、広袖(ひろそで)で身幅広く身丈も長い)。女房装束、いわゆる十二単(じゅうにひとえ)の、数領重ねる袿(うちき)のうち最上層に着るものを表着と称し、他の袿よりりっぱなものを用いた。女子の正装としてこの上に裳(も)を腰にあてて着け、唐衣(からぎぬ)を着た。高位の女子の準正装として表着の上に小袿(こうちぎ)を重ねた。二重(ふたえ)織物、浮織物、固(かた)織物、綾(あや)などを表地に、綾または平絹を裏地に用い、表地と裏地の組合せの襲(かさ)ね色目に趣向を凝らした。『枕草子(まくらのそうし)』に「桜の唐衣薄色の裳(も)、濃き衣(きぬ)、香染(こうぞめ)薄色の表着どもいみじうなまめかし」。『紫式部日記』に「色ゆるされたる人々は例の青いろ赤いろの唐衣に地摺(じずり)の裳表着はおしわたして蘇芳(すおう)の織物なり」とある。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android