十二単(読み)じゅうにひとえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「十二単」の解説

十二単
じゅうにひとえ

公家(くげ)女子の正装。朝廷出仕の女官で部屋を与えられた高位の者の服装であるため女房装束(にょうぼうしょうぞく)とよばれ、また日常に着用している(うちき)に(も)と唐衣(からぎぬ)を加える服装であるため裳・唐ともいわれた。平安時代期の『満佐須計(まさすけ)装束抄』に「も・からぎぬ・こきはりばかま、これを女房のさうぞくというなり」と記されている。十二は俗称で、単(ひとえ)の上に数多くの袿を(かさ)ね着した袿姿をさす名であったが、近世になって、これに裳と唐衣を着た服装を誤って十二単と称したものと思われる。たとえば『源平盛衰記』建礼門院入水(じゅすい)ので「弥生(やよい)の末の事なれば、藤(ふじ)がさねの十二単の御衣を召され」という記述を誤解したものであろう。

 襲(かさね)の袿は十二領に限られるわけではなく、それ以上、それ以下の場合もあった。『栄花(えいが)物語』には二十領も襲ねたという極端な例もみられるが、平安時代末期より、五領が適当として五衣(いつつぎぬ)と称した。十二単の原型は養老(ようろう)の衣服令(りょう)に規定された女官の朝服で、衣、紕裙(そえのも)、紕帯(そえのおび)、履(くつ)という構成。あるいは『延喜式(えんぎしき)』にみられる9世紀ころの中宮の袍(ほう)、背子(はいし)、単、領巾(ひれ)、表裙(うわも)、下裙(したも)、袴(はかま)、単袴という構成のごとき唐様式が、平安時代中期以降、日本の自然環境に順応し、生活様式に適合する柔和で優雅な服装に改められ、長大化したものである。すなわち、奈良時代の両脇(わき)をえぐる形に仕立てられた垂領(たりくび)仕立ての衣は、直線断ち式となり、細い袖(そで)が広袖化し、身丈が長くなって袿ともよばれ、襲ね着形式となった。そこで従来のロングスカート状の裙は腰に巻けず、形を変えて後ろ腰に着けて裾(すそ)を引き、改まったときにのみ着用する形式的なものとなり、裳という字を裙にかえて用いた。また裙の下にはいていた下袴を長大化して、いわゆる長袴として体裁を整えた。袖なしの短衣である背子も大形化し、垂領形式で二幅(ふたの)仕立てとし、袖をつけて唐衣とよんで袿の上に着用した。このように変形した朝服である十二単の構成は、紅(くれない)の袴をはき、単といって、袿と同形であるが裄(ゆき)や身丈が長く単仕立ての衣の上に袿を数領襲ね、晴の行事には砧(きぬた)で打ってつやを出した打衣(うちぎぬ)を加え、さらにその上に美しい袿の表着を襲ね、腰に裳を着け、唐衣を着て、檜扇(ひおうぎ)を持つ。いっそう華やかな晴装束として領巾と裙帯(くんたい)を加え、髪上げして釵子(さいし)を挿し唐装束とか物の具と称した。領巾は紗(しゃ)や薄絹の肩掛け、裙帯は紕帯が変化したもので、腰の左右に長く垂らした飾帯、釵子は簪(かんざし)、髪上げは礼服の宝髻(ほうけい)を簡略化したもの、前頭部の一部を束ねて丸く形づくり釵子で留め組紐(くみひも)で結んだ。この服装は大儀の供奉(ぐぶ)、執翳(はとり)、女蔵人(にょくろうど)などを務める女房、五節(ごせち)の舞姫の礼装として行われた。

 晴の日の礼装は別として、通常の十二単は男子の公服である束帯や衣冠のごとき厳格な規定に従うものではなく、材質、文様、色目などやや自由で好みによる使用もあった。たとえば公服の上着の袍が官位相当の色、すなわち当色(とうじき)に従うものであり、また上着も内着も色の濃淡を深浅で示すのに対して、十二単では、当色以外の色、あるいは襲色目でよび、濃淡を濃き薄きで表している点で、公服にして私服的性格を帯びたものといえる。それは朝廷内の後宮で、いわば私的生活における服装という理由による。鎌倉時代以降、朝廷公家階級の衰退による服装の簡略化が行われ、唐衣を先に着て裳をつけ、ときに裳を省略する場合も生じた。さらに室町時代後期には裳の小腰(紐)をまえもって結んでおき、奉仕のときに背から胸に掛けて即時に着用しうる方法とし、その紐を懸帯(かけおび)とよんだ。この形式の裳は江戸時代後期、天保(てんぽう)15年(1844)まで使われ、いわゆる天保の御再興によって小腰を腰部で締める古式の着法に戻った。また江戸時代に結髪の風が一般に広まり、女官も髪を結ってかもじを加え、大(だい)(おおすべらかし)や中(ちゅう)といわれる髪形とし、大には額の上に金銅製の平額を飾って釵子で留め、その下に月形の櫛(くし)を挿して大儀のときの装いとした。

 十二単には夏冬の区別があり、4月1日と10月1日に更衣(ころもがえ)をしたが、『満佐須計装束抄』によると、平安時代にはさらに変化があって、10月1日より練衣(ねりぎぬ)で綿入れ、4月1日より薄衣、5月に捻(ひね)り襲、6月より単(ひとえ)襲、8月1日から14日まで捻り襲、8月15日より9月8日まで生織の袷(あわせ)、9月9日より生織の衣で綿入れを着るとある。なお、夏に蝙蝠(かわほり)とよばれた紙扇を持ち、冬に檜扇(ひおうぎ)を手にして、人前に出るとき顔にかざした。

 十二単の材質は身分・年齢・季節によって異なり、一般に用いることを禁じられた色や織物、すなわち禁色(きんじき)の使用を許された者は、青色や赤色、紫や紅の濃い色、地文様のほかに縫取織で文様を表した二重織物や、糸のうちに染めたり練って織った固(かた)織物や浮織物を用いることができた。中位以上の者は綾(あや)や平絹を、下位の者は平絹のみ用いた。概して高位の若年は浮織物、成年以後は固織物や綾を用い、一般に若年が小形の、成年以後は大形の文様を用い、老年は無文のものを使った。十二単は襲ね着形式のため、絵画的文様は裳に例外的に表され、唐衣、袿などには整然と繰り返される上品な織文様が使われ、それよりは色彩に気を配り、さらに表地と裏地、襲の袿の衣服相互の色の組合せ、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)による色の配合など、いわゆる襲色目によって趣向を凝らし、季節感や文学的情趣をも表出した。このような十二単は、数多くの衣の襲が表す豊かな量感、優雅な色彩の調和と対照、複雑な衣紋の線の構成など、典麗な美しさによって日本の服装史上多大な影響を与えた。

[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「十二単」の解説

じゅうに‐ひとえ ジフニひとへ【十二単】

〘名〙
[一]
① 禁中奉仕の女性の褻(け)の袿(うちぎ)重ねに単と袴をつけた名称。単の上に一二領の袿を重ねたことによる。
※長門本平家(13C前)五「壺の中より、めでたき貴女の、十二一重に成(なり)見え給へるが」
② 唐衣(からぎぬ)・裳(も)からなる女性の朝服に対する近世の俗称。まず、白小袖を着し、その上に赤の張袴をはき、単・五衣(いつつぎぬ)・表衣(うわぎ)を重ねて着、その上に唐衣を着る。背の腰にさらに裳を着けるという。
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「落ちたる鉢をあげてみ給へば〈略〉十二ひとへの御小袖、紅のちしほの袴」
[二] シソ科多年草。日本特産種で、本州・四国の野原や丘陵に生える。高さ一五~二〇センチメートルぐらい。全体に長い縮れた白毛が多く、灰緑色を呈する。葉は対生し、倒披針形で縁に波状鋸歯(きょし)がある。茎の基部につく葉は鱗片状。四~五月ころ茎の先に長さ約五センチメートルの花穂を立て、淡紫色の唇形の小花を密につける。和名は花が重なりあって咲く様子に基づく。漢名に夏枯草(かこそう)を当てたことがあるが誤用で、夏枯草は正しくはウツボグサの漢名。《季・春》
※雑俳・千枚分銅(1704)「畑へ出る衣装は十二一重也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「十二単」の解説

十二単【じゅうにひとえ】

平安時代成立の貴族女性の正装。正称は唐衣裳(からぎぬも),裳唐衣(もからぎぬ)装束,物具(もののぐ)装束,あるいは,男性の束帯を日の装束というのに対して晴装束ともいう。裳,唐衣,表着(うわぎ),打衣(うちぎぬ),五衣(いつつぎぬ),単(ひとえ),張袴(はりばかま),襪(しとうず),履(くつ)等で構成され,髪飾として額に釵子(さいし),平額(ひらびたい),櫛(くし)をつけ,手に檜扇(ひおうぎ)を持ち,懐(ふところ)に帖紙(たとうがみ)を入れる。
→関連項目五衣唐衣朝服女房礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「十二単」の解説

じゅうに‐ひとえ〔ジフニひとへ〕【十二単】

女房装束の中世・近世における俗称。ひとえの上に数多くのうちきを重ねて着たことからいう。
シソ科の多年草。原野に生え、高さ約15センチ。全体に白い毛が密生し、葉は白緑色で縁にぎざぎざがある。4、5月ごろ淡紫色の唇形の小花が多数輪生して咲く。 春》なれにやる―という草を/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「十二単」の解説

十二単
じゅうにひとえ

平安末期に成立した女房装束の俗称
男子の束帯にあたる。この名称は,十二枚重ねた衣に単 (ひとえ) をつけた重ね袿 (うちぎ) 姿をさしたもので,近世になって一般に宮中女性の正装を意味することになった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「十二単」の解説

十二単 (ジュウニヒトエ)

学名Ajuga nipponensis
植物。シソ科の多年草,園芸植物,薬用植物

十二単 (ジュウニヒトエ)

植物。ユリ科の多年草,高山植物。ギョウジャニンニクの別称

十二単 (ジュウニヒトエ)

植物。カエデ科の落葉高木,高山植物。ハウチワカエデの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

とっさの日本語便利帳「十二単」の解説

十二単

女房装束の俗称。単の上に重袿(かさねうちぎ)を一二領重ねた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版「十二単」の解説

じゅうにひとえ【十二単】

公家女子の正装。朝廷出仕の女官で部屋を与えられた者の朝服であるため女房装束といわれ,また日常着の(うちき)姿に(も)と唐衣(からぎぬ)を加える服装であるため裳唐衣とも呼ばれた。十二単は俗称で,単の上に数多くの袿を重ねて着た袿姿を指したが,近世になって,それに裳と唐衣を加えた服装を誤って呼んだものと思われる。たとえば《源平盛衰記》建礼門院入水の段で〈弥生(やよい)の末の事なれば,藤重の十二単の御衣(おんぞ)を召され〉という記述の誤解であろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の十二単の言及

【五衣】より

十二単(じゆうにひとえ)の中の重ね袿(うちき)の一つの名称。平安時代の中ごろから宮廷の女房たちに唐衣裳(からぎぬも)をつけたいわゆる十二単の姿ができたが,この中で唐衣裳をのぞいた袿の数は不定であって,晴れの儀式などには15枚も20枚も重ねることがあった。…

【唐衣】より

…平安時代以来,公家の女子の正装であった晴装束。いわゆる十二単(じゆうにひとえ)の最上層に(も)とともに用いられた短衣で,袖幅も短くできている。これを〈からぎぬ〉と称するのは,奈良時代に行われた唐式の服装における背子(はいし)の意味であるとし,また胴(から)衣の意であるともいわれる。…

【染色】より

…このような配色の美しさは,上層社会の女装に顕著にみられる。俗に十二単(じゆうにひとえ)などと呼ばれるように,何枚もの衣をかさねて着る習わしであり,また下に着るものほど大きく,袖口や裾では下から上へ階段的に少しずつ下の衣が見えるので,色相の異なる衣をかさねるときには美しい色のリズムが生まれてくる。このさまざまな色の重なりを襲色目(かさねのいろめ)といい,その色の組合せによって生まれた色彩のトーンに対して,それぞれ四季の花の名がつけられていた(色目)。…

【服装】より

唐衣(からぎぬ),表着(うわぎ),打衣(うちぎぬ),(うちき),を着て,畳紙(たとうがみ)を懐にし,檜扇(ひおうぎ)を持った。後世,十二単(じゆうにひとえ)と呼んだもので,ここに貴族的な優美な女装が完成された。これに対して,女子日常の服装として小袿姿,袿姿,小袖袴などの服装が行われた。…

※「十二単」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android