コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面改質 ひょうめんかいしつsurface modification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面改質
ひょうめんかいしつ
surface modification

広義には,表面被覆技術を含む表面処理と同義語に用いられる。材料の表面の状態を,基材と変えることによって新しい機能を付与し,材料の総合的価値を高めることをさす。狭義には,表面被覆に対比して用いられる。すなわち,基材表面の組成や構造をイオンや熱エネルギーなどによって変え,表面の性質を変えることをいう。代表的な方法としては,イオン注入による他元素の添加や,レーザー加熱による表面の非晶質化などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

表面改質の関連キーワードアイ・シイ・エス無反射ガラスレーザー加工分散(化学)無機顔料神港精機広義

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表面改質の関連情報