コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁枢 えんすう Yuan Shu; Yüan Shu

1件 の用語解説(袁枢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袁枢
えんすう
Yuan Shu; Yüan Shu

[生]紹興1(1131)
[没]開禧1(1205)
南宋の学者。建安 (福建省) の人。字は機仲。国史院編修官,国子監祭酒を歴任。司馬光の『資治通鑑』を項目別に分類して『通鑑紀事本末』を著わし,事実を発生経過に従ってたどる紀事本末体呼ばれる史体をつくり,後世の歴史叙述に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の袁枢の言及

【紀事本末体】より

…中国,歴史叙述の形式の一つで,紀伝体,編年体と併せて史の三体という。宋の袁枢(1131‐1205)が編年体の《資治通鑑(つがん)》をもとにして,歴史的事件のはじめから終りまでを一見しうる形式を考案し,その書を《通鑑紀事本末》と名付けたのに始まる。清朝の《四庫全書総目》に至ってはじめて,紀事本末体が史書を分類する形式の一つとして認められた。…

【通鑑紀事本末】より

…全42巻。史学と易学にすぐれた袁枢(えんすう)の著。司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》をいったん解体し,戦国時代から五代に至る1362年間の歴史を239篇の〈事〉(歴史事象,できごと)に再編成し,それぞれの本末(てんまつ)を記したもの。…

※「袁枢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袁枢の関連キーワード組合せ馬興祖薮内紹興階乗差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学紹興酒厰

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone