コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通鑑紀事本末 つがんきじほんまつTong-jian ji-shi ben-mo; T`ung-chien chi-shih pên-mo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通鑑紀事本末
つがんきじほんまつ
Tong-jian ji-shi ben-mo; T`ung-chien chi-shih pên-mo

中国,最初の紀事本末体の史書。南宋の袁枢著。 42巻。従来の紀伝体編年体 (→年代記 ) 史書がもつ,事件の推移をつかみにくいという欠点を補うために,編年体史書の『資治通鑑』の記事を項目別に分類し,首尾を整えたもの。後世の史書編集に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つがんきじほんまつ【通鑑紀事本末 Tōng jiàn jì shì běn mò】

中国,南宋時代に編まれた歴史書。全42巻。史学易学にすぐれた袁枢(えんすう)の著。司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》をいったん解体し,戦国時代から五代に至る1362年間の歴史を239篇の〈事〉(歴史事象,できごと)に再編成し,それぞれの本末(てんまつ)を記したもの。もともと中国の歴史記述の様式には紀伝体と編年体があるが,前者は各パートが独立しているため,同一の〈事〉が重複して現れることがあるし,後者は時間が主で〈事〉が従であるため,複数の〈事〉が並行して記述されたり,ひとつの〈事〉がしばしば寸断される結果,〈事〉をひとまとまりとしてとらえがたいという欠点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つがんきじほんまつ【通鑑紀事本末】

紀事本末体で書かれた最初の史書。四二巻。南宋の袁枢えんすうの撰。1175年頃成立。編年体で書かれている資治通鑑の内容を、事項別に分類して全体を要約解説したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android