コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通鑑紀事本末 つがんきじほんまつ Tong-jian ji-shi ben-mo; T`ung-chien chi-shih pên-mo

4件 の用語解説(通鑑紀事本末の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通鑑紀事本末
つがんきじほんまつ
Tong-jian ji-shi ben-mo; T`ung-chien chi-shih pên-mo

中国,最初の紀事本末体の史書。南宋の袁枢著。 42巻。従来の紀伝体編年体 (→年代記 ) 史書がもつ,事件の推移をつかみにくいという欠点を補うために,編年体史書の『資治通鑑』の記事を項目別に分類し,首尾を整えたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つがんきじほんまつ【通鑑紀事本末】

中国の歴史書。42巻。南宋の袁枢(えんすう)撰。編年体で書かれた「資治通鑑」を紀事本末体に編纂(へんさん)しなおしたもので、紀事本末体で書かれた最初の史書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つがんきじほんまつ【通鑑紀事本末 Tōng jiàn jì shì běn mò】

中国,南宋時代に編まれた歴史書。全42巻。史学と易学にすぐれた袁枢(えんすう)の著。司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》をいったん解体し,戦国時代から五代に至る1362年間の歴史を239篇の〈事〉(歴史事象,できごと)に再編成し,それぞれの本末(てんまつ)を記したもの。もともと中国の歴史記述の様式には紀伝体と編年体があるが,前者は各パートが独立しているため,同一の〈事〉が重複して現れることがあるし,後者は時間が主で〈事〉が従であるため,複数の〈事〉が並行して記述されたり,ひとつの〈事〉がしばしば寸断される結果,〈事〉をひとまとまりとしてとらえがたいという欠点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つがんきじほんまつ【通鑑紀事本末】

紀事本末体で書かれた最初の史書。四二巻。南宋の袁枢えんすうの撰。1175年頃成立。編年体で書かれている資治通鑑の内容を、事項別に分類して全体を要約解説したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通鑑紀事本末の関連キーワード繹史砧青磁旧唐書三国史記直翁文選野史史書建炎以来繫年要録

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone