コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖付け衣 ソデツケゴロモ

デジタル大辞泉の解説

そでつけ‐ごろも【袖付け衣】

端袖(はたそで)のついた長袖の衣。
「宮人の―秋萩ににほひ宜(よろ)しき高円(たかまと)の宮」〈・四三一五〉
袖のついた衣。肩衣(かたぎぬ)に対していう。
「頸付(うなつき)の童髪(わらはがみ)には結ひ幡(はた)の―着し我を」〈・三七九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでつけごろも【袖付け衣】

(袖のない肩衣かたぎぬに対して)袖のついている衣服。 「結ひ幡はたの-着し我を/万葉集 3791
狩衣かりぎぬ・直衣のうし・袍ほうなど端袖はたそでのある衣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android