コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長袖 チョウシュウ

5件 の用語解説(長袖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しゅう〔チヤウシウ〕【長袖】

長いそで。また、その着物。ながそで。
そでの長い衣服を着た人。公卿・僧侶などをあざけっていう語。

なが‐そで【長袖】

洋服で、手首まである丈の袖。また、その服。半袖や七分袖に対していう。「長袖のブラウス」
和服で、普通の丈の袂袖(たもとそで)。また、その和服。筒袖などに対していう。
《袖ぐくりをして鐙(よろい)を着る武士に対して、長袖の衣服を着ているところから》公卿(くぎょう)・僧・神官・学者などのこと。長袖者(ちょうしゅうしゃ)。
「―のぬるき立ち振る舞ひを見なれて」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅう【長袖】

長いそで。また、長そでの着物。
長そでを着た人。舞妓など。
〔長そでの着物を着た人の意で〕 公卿や僧侶をあざけっていう語。

ながそで【長袖】

洋服で手首までの長さの袖。 「 -のシャツ」
和服で、袖丈の長いもの。
〔武士が袖くくりして鎧よろいを着るのに対し、常に長袖の衣服を着ていることから〕 公家・医師・神主・僧侶・学者などの称。ちょうしゅう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長袖の関連情報