コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖振る ソデフル

デジタル大辞泉の解説

袖(そで)振・る

別れを惜しんだり、愛情を示したりするために、袖を振る。
「白波の寄そる浜辺に別れなばいともすべなみ八度(やたび)―・る」〈・四三七九〉
袖を振って舞う。
「唐人の―・ることは遠けれど立ちゐにつけてあはれとは見き」〈・紅葉賀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そでふる【袖振る】

袖をひらひらさせる。別れを惜しんだり、合図をするしぐさ。 「野守は見ずや君が-・る/万葉集 20
袖を振って舞う。 「舞姫十人、綾綺殿にて-・るけしき/今鏡 すべらぎ下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

袖振るの関連情報