コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白波/白浪 シラナミ

デジタル大辞泉の解説

しら‐なみ【白波/白浪】

泡立って白く見える波。
《「後漢書」霊帝紀から。黄巾の乱残党で、略奪をはたらいた白波賊(はくはぞく)を訓読みしたもの》盗賊どろぼう

はく‐は【白波】

白く泡だっている波。しらなみ。
《中国後漢のころ、白波谷(はくはこく)にこもった黄巾の賊を白波賊と呼んだところから》盗賊。しらなみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくは【白波】

白く泡立つ波。しらなみ。
盗賊。 「 -有りて東寺に入る/東鑑 建保四」 → しらなみ(白波)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白波/白浪の言及

【磯波】より

…このような砕波(さいは)は水深が浅くなることによって波の形が流体力学的に不安定になることから生じるもので,この状態にある波浪を磯波という。これに対し,風浪が発達して波形がけわしくなり,不安定になって砕ける状態は白波(しらなみ)という。一般に水面の波は,その波長にくらべて水深が十分大きいところでは水深の影響はなく,波の形は波長に比例した速度で伝播するが,水深が,だいたい波長の1/20~1/25よりも浅くなると,波長には関係なく水深の平方根に比例した速度で進む〈長波〉の性質をもつようになる。…

【砕波】より

…砕波の際には水に巻き込まれた空気が無数の気泡となって白く泡立って見えるのがふつうである。波浪の砕波には白波と磯波(いそなみ)の二つの型がある。白波は水深が十分大きいとき,風浪が発達して波高が限界値に達すると,波の峰の付近が白く泡立って砕けるもので,風速がだいたい6m/sになると発生し,風速の増加につれて発生頻度が増すので,洋上では白波の立ちぐあいからおよその風速を知ることができる。…

※「白波/白浪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白波/白浪の関連キーワード青砥稿花紅彩画箏の琴・筝の琴浮きぬ沈みぬ世を尽くす白波・白浪沖つ島守寄掛ける跡の白浪伊豆の海恋ひ余る立ち頻く沖つ白波栄耀食ひ伝承白波降り積む手向け草黒薩摩都の錦海の底木登り

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android