袖褄(読み)ソデツマ

大辞林 第三版の解説

そでつま【袖褄】

袖や褄。また、衣服。身なり。 「 -に付いてあるものではない/狂言記・仏師」
[句項目] 袖褄を引く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そで‐つま【袖褄】

〘名〙
① 着物の袖と褄。また、袖や褄。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)一一月二一日「着小袖十余領。其袖褄重之」
② 服装。身なり。
※たまきはる(1219)「うちとくるよなく、そでつま、うちみだれず、つくろひゐたり」
③ 袖の褄。袖の端。
浮世草子・武道伝来記(1687)六「色はへたる袖妻(ソデツマ)をまくりとれば」
④ 袖や褄を引くこと。
※浮世草子・新可笑記(1688)一「心なき野夫の袖褄(ソテツマ)うるさく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android