コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被食者 ヒショクシャ

デジタル大辞泉の解説

ひしょく‐しゃ【被食者】

他の生物にえさとして捕食(ほしょく)される生物。動物をいうことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしょくしゃ【被食者】

生物界で、他の生物に捕食される生物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の被食者の言及

【餌】より

… 何を餌とするかは動物によって異なり,動物を食べるもの(肉食),植物を食べるもの(草食),両方を食べるもの(雑食)などの区別がある。とくに生きた動物を捕らえて食う場合を捕食predationと呼び,食うほうを捕食者predator,食われるほうを獲物(または被食者)preyという。食うものと食われるものとの関係は食物連鎖を形成して自然界の生態的平衡を維持するうえで重要な役割を果たしている。…

※「被食者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

被食者の関連キーワードアルフレッド・ジェームズ ロトカニコルソン‐べイリーモデルカウンターシェーディングロトカ‐ヴォルテラの式赤の女王仮説シラミダニ恐竜温血説ボルテラ体色変化捕食者白亜紀複雑系生物界共進化隠蔽色保護色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android