コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏焼(き) ウラヤキ

デジタル大辞泉の解説

うら‐やき【裏焼(き)】

写真の焼き付けのとき、ネガ表裏を逆に処理し、左右逆にでき上がること。また、その写真。裏焼き写真。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

裏焼(き)の関連キーワード左近の桜・右近の橘平安時代(年表)職の曹司村上天皇大内裏図裏松固禅紛れ貞元布袴朝所

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android