コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固着 コチャク

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちゃく【固着】

[名](スル)
他のものにしっかりくっつくこと。「接着剤で棚板を壁に固着させる」
同じ所にとどまって、そのままの状態で定着すること。「先祖代々の土地に固着する」
精神分析用語。発達の過程で、リビドーが、過度の満足あるいは不満足などによって、口唇など特定の段階にとどまること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こちゃく【固着 fixation】

S.フロイトの基本概念の一つ。後年になっても,リビドー発達の早期の諸段階(口唇期,肛門期,男根期)に過剰な精神エネルギー(リビドーと攻撃性)が付与されたままになっている状態。したがってその段階に特有な本能衝動のあり方,その充足方法,防衛機制がその後も存続することになる。固着をきたす原因としては,体質的要因,欲求不満あるいは過度の満足,欲求不満と過度の満足の混交が考えられる。このような固着を示している人物は,内外の困難な状況に出会うと固着点にまで退行する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こちゃく【固着】

( 名 ) スル
物が他の物にしっかりとくっつくこと。 「船底に貝が-する」 「 -剤」
〘心〙 精神分析で、発達の途上で行動様式や精神的エネルギーの対象が固定され、それ以後の発達がさまたげられること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固着
こちゃく

固定」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

固着の関連キーワードトゲアナツブゴケ(棘孔粒苔)マザー・コンプレクスチズゴケ(地図苔)マルカイガラムシボイラースケール貝殻虫・介殻虫サンドペーパー熔結流状角礫岩クサビラゴケフロック加工止め螺子付着生物前肛動物着生動物チズゴケ口唇性格肛門性格着生植物焼き嵌め浮葉植物

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固着の関連情報