コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補助犬 ほじょけん

5件 の用語解説(補助犬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補助犬
ほじょけん

「介助犬 聴導犬 盲導犬」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

補助犬

目の不自由な人のための盲導犬(認定数952頭)、体の不自由な人のために必要なものを取ったり着替えを手伝ったりする介助犬(同33頭)、耳の不自由な人に電話の音や調理の音を伝える聴導犬(同12頭)がいる。訓練する事業者は計50団体。

(2006-09-25 朝日新聞 朝刊 生活1)

補助犬

厚生労働相指定の法人が認定する。ただし盲導犬は当面、国家公安委員会指定の法人が認定する。認定されるには補助能力のほか、不特定多数が利用する施設で周囲に迷惑をかけず、音や他の動物を無視できるなどの能力が求められる。訓練内容は団体によって違い、介助犬はユーザーの障害に合わせた補助をするための訓練を受けるので、できることは個々で違う。育成や普及・啓発に、国は予算をつけている。ユーザー(使用者)を海外では一般に「パートナー」と呼び、最近は日本でもそう呼ぶ動きがある。

(2016-12-19 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほじょ‐けん【補助犬】

《「身体障害者補助犬」の略》盲導犬介助犬聴導犬など、身体に障害のある人の生活を助ける犬。→身体障害者補助犬法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほじょけん【補助犬】

身体障害者の生活を支援する犬の総称。身体障害者補助犬。身体障害者補助犬法では介助犬・聴導犬・盲導犬の三種。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補助犬の関連キーワード盲導犬禹歩跛者歩行器松葉杖イヤバンクスケッチホン国際盲導犬の日チャンピィ塩屋賢一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補助犬の関連情報