コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介助犬 かいじょけん

5件 の用語解説(介助犬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介助犬
かいじょけん

日常生活に著しい支障がある身体障害者肢体不自由を補い,自立を助けるイヌ。聴導犬盲導犬とともに法律で定める身体障害者補助犬の一つ。物の拾い上げや運搬,着脱衣の補助,体位の変更,起立や歩行の際の支持,扉の開閉,スイッチの操作,緊急の場合における救助の要請など,補助の内容は多岐にわたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

介助犬

障害者の腰の下に潜り込んで体を起こすのを手伝ったり、床に落とした携帯電話やカギ、冷蔵庫ペットボトルを届けたりと仕事はさまざま。障害者が犬のえさやりやふんの始末などをする必要があるが、介助されっぱなしでないことが障害者を前向きにする効果もあるという。

(2015-12-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいじょ‐けん【介助犬】

身体障害者や介護の必要な高齢者の自立を助けるために特別に訓練された犬。ドアの開け閉め、電気の点灯・消灯から、車いすを引く、落ちた物を拾う、人を呼びに行く、電話の受話器をくわえて渡す、エレベーターボタンを押すなど、さまざまなことができる。パートナードッグ。→補助犬

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいじょけん【介助犬】

障害者や介助の必要な高齢者の行動を助けるために、特別に訓練された犬。ドアの開け閉めや、車椅子での移動の補助などを行う。パートナー-ドッグ。サービス-ドッグ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介助犬
かいじょけん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介助犬の関連キーワード身体障害者福祉法身体障害者手帳身体障害者補助犬法身体障害者補助犬障害者控除障害者心身障害者身体障害者身体障害者デイサービス日本身体障害者陸上競技連盟

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

介助犬の関連情報