コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介助犬 かいじょけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介助犬
かいじょけん

日常生活に著しい支障がある身体障害者の肢体不自由を補い,自立を助けるイヌ。聴導犬盲導犬とともに法律で定める身体障害者補助犬の一つ。物の拾い上げや運搬,着脱衣の補助,体位の変更,起立や歩行の際の支持,扉の開閉,スイッチの操作,緊急の場合における救助の要請など,補助の内容は多岐にわたる。日本では,1992年頃に女性がアメリカ合衆国から連れて帰ってきた介助犬が第1号とされ,1995年から育成が始まった。適種犬はラブラドル・レトリーバーが多く,育成の段階での適性が厳しく見きわめられるが,実働頭数はまだ少ない。2002年に施行された身体障害者補助犬法で規定され,訓練事業者の義務,介助犬を使用する身体障害者の適格性,介助犬に必要な能力の認定のほか,公共交通機関やホテル,デパートなど不特定多数の者が利用する施設における同伴が認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

介助犬

障害者の腰の下に潜り込んで体を起こすのを手伝ったり、床に落とした携帯電話やカギ、冷蔵庫のペットボトルを届けたりと仕事はさまざま。障害者が犬のえさやりやふんの始末などをする必要があるが、介助されっぱなしでないことが障害者を前向きにする効果もあるという。

(2015-12-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじょ‐けん【介助犬】

身体障害者や介護の必要な高齢者の自立を助けるために特別に訓練された犬。ドアの開け閉め、電気の点灯・消灯から、車いすを引く、落ちた物を拾う、人を呼びに行く、電話の受話器をくわえて渡す、エレベーターのボタンを押すなど、さまざまなことができる。パートナードッグ。→補助犬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじょけん【介助犬】

障害者や介助の必要な高齢者の行動を助けるために、特別に訓練された犬。ドアの開け閉めや、車椅子での移動の補助などを行う。パートナー-ドッグ。サービス-ドッグ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介助犬
かいじょけん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

介助犬の関連キーワードゴールデン・レトリーバーパピーウォーカーワーキングドッグラブラドードルサービスドッグ聴導犬と介助犬パートナー松丸智子深澤友貴永瀬千裕車椅子獣医師ドッグペット

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介助犬の関連情報