コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製図機械 せいずきかい

百科事典マイペディアの解説

製図機械【せいずきかい】

互いに正しく直角に固定された2本の目盛付定規を,パンタグラフ機構などにより製図板上のいずれの位置にも正確に平行移動できるように,また分度盤の目盛に従って任意の角度に回転できるようにした装置。所要の位置,角度で任意の長さの直線を容易に書くことができる。ほかに俯瞰(ふかん)図など立体的製図用のパースペクター,楕円やらせんなど規則的な曲線の製図用のサーキュラーマシンがある。→CAD

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の製図機械の言及

【製図用具】より

…製図に用いられる器具および用具の総称。製図器,製図機械,定規類,ものさし類,製図板,鉛筆,消しゴムなどがあげられる。(1)製図器 これには形式によりイギリス式,ドイツ式がある。…

※「製図機械」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

製図機械の関連キーワード製図器具マックス製図用具武藤工業分度器

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android