コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製販同盟 せいはんどうめいmanufacturer-retailer alliance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製販同盟
せいはんどうめい
manufacturer-retailer alliance

メーカーと小売業者が,合理化やコスト削減のために戦略的に同盟関係を結ぶこと。小売業者がもつ消費者情報をメーカーの商品開発に直結させることで,コスト削減をはかり低価格販売を実現しようとする企業戦略。アメリカ合衆国ウォルマート・ストアーズプロクター・アンド・ギャンブル,日本のダイエー味の素,さらにセブン-イレブン・ジャパンとアメリカのフィリップ・モリスなどの例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

製販同盟【せいはんどうめい】

製造業者と小売業者が戦略的に結ぶ同盟。戦略的同盟の一種。流通チャネル支配権をめぐって対立していた製造業者と小売業者が,経営情報の共有や共同商品開発といった協働関係を結ぶことにより,流通システムの効率化を図り,価格を引き下げて顧客ニーズを充足することが目的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

製販同盟の関連キーワードプロクター・アンド・ギャンブル[会社]ウォルマート・ストアーズ[会社]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android