製販同盟(読み)せいはんどうめい(英語表記)manufacturer-retailer alliance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製販同盟
せいはんどうめい
manufacturer-retailer alliance

メーカーと小売業者が,合理化やコスト削減のために戦略的に同盟関係を結ぶこと。小売業者がもつ消費者情報をメーカーの商品開発に直結させることで,コスト削減をはかり低価格販売を実現しようとする企業戦略。アメリカ合衆国ウォルマート・ストアーズプロクター・アンド・ギャンブル,日本のダイエー味の素,さらにセブン-イレブン・ジャパンとアメリカのフィリップ・モリスなどの例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

製販同盟【せいはんどうめい】

製造業者と小売業者が戦略的に結ぶ同盟。戦略的同盟の一種。流通チャネル支配権をめぐって対立していた製造業者と小売業者が,経営情報の共有や共同商品開発といった協働関係を結ぶことにより,流通システムの効率化を図り,価格を引き下げて顧客ニーズを充足することが目的。アメリカのトイレタリー・メーカーのプロクター・アンド・ギャンブルディスカウント・ストアウォルマート・ストアーズの同盟が最も有名である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android