コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製販同盟 せいはんどうめい manufacturer-retailer alliance

2件 の用語解説(製販同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製販同盟
せいはんどうめい
manufacturer-retailer alliance

メーカーと小売業者が,合理化やコスト削減のために戦略的に同盟関係を結ぶこと。小売業者がもつ消費者情報をメーカーの商品開発に直結させることで,コスト削減をはかり低価格販売を実現しようとする企業戦略

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

製販同盟【せいはんどうめい】

製造業者と小売業者が戦略的に結ぶ同盟。戦略的同盟の一種。流通チャネル支配権をめぐって対立していた製造業者と小売業者が,経営情報の共有や共同商品開発といった協働関係を結ぶことにより,流通システムの効率化を図り,価格を引き下げて顧客ニーズを充足することが目的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

製販同盟の関連キーワードチャネルの段階プッシュ戦略米価仕入卸売業者製造直販2段階チャネルホールセラーナショナル・アドバタイジングリテイラーズ・サービス・プログラム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone