コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製造勘定 せいぞうかんじょうmanufacturing account

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製造勘定
せいぞうかんじょう
manufacturing account

製品の製造に要する一切の原価要素を集計する勘定で,仕掛品勘定ともいわれる。この勘定の借方には仕掛品の期首有り高および材料費,労務費,経費の消費高が,貸方には完成した製品の製造原価および仕掛品の期末有り高が記入される。工業簿記の中心的な勘定であり,その他の諸勘定は製造勘定に付随する勘定であるともいえる。また勘定の内容を明細に記録,計算する手続が原価計算であるともいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android