製造原価

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製造原価
せいぞうげんか
manufacturing costs

製品の製造に要した費用のことで,工場原価 factory costsともいう。これに販売費および一般管理費を加えたものが総原価である。製造原価の構成要素である原価要素はいろいろな観点から分類される。まず発生形態からみると材料費,労務費,経費に分けられる。そして製品との関連において,その発生が一定単位の製品の製造に関して直接的に認識できるか否かによって直接費と間接費に区別される。さらに操業度との関連で,操業度の増減に応じて比例的に変化する変動費と,操業度の増減にかかわらず一定である固定費に分けられるし,また管理可能性に基づいて管理可能費と管理不能費に分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の製造原価の言及

【経費】より


[会計学]
 製品の製造原価を構成する原価要素で,材料費,労務費以外のものを経費expenseという。製品の製造に際しては,製品の素材や部品などの材料や製造のためになんらかの形で費やされる労働用役のほか,工場や設備の減価償却費,保険料,修理費,電力料,賃借料,旅費交通費などの諸種の費用が必要である。…

【原価】より

…したがって原価とは,企業が特定の目的を達成するために,犠牲にした経済的資源を,それから生じた給付にかかわらせて把握した貨幣による測定額のことである。
[価格決定・期間損益計算用の原価]
 原価計算は,製品の売価決定のために,実際に要した製造原価を発見する技法として発足したので,価格決定および期間損益計算のための分類が,原価の基礎的分類となっている。(1)まず原価はその発生形態によって分類すると,材料費(物品を消費することによって発生する原価),労務費(労働力の消費によって発生する原価),経費(物品,労働力以外の資源の消費によって発生する原価)に分類される。…

【原価計算】より

…原価計算はもともと,製品の製造原価を計算する技術としてくふうされたものであるが,現在では,企業経営者にとって不可欠な経営管理用具に発展した。経営者は,製品を製造するためにいくらかかったかという情報を求めている。…

※「製造原価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製造原価の関連情報