コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複向斜 ふくこうしゃ synclinorium

2件 の用語解説(複向斜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複向斜
ふくこうしゃ
synclinorium

複合向斜の意味。一連の小さな褶曲が,全体として大きな向斜をつくった構造。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

複向斜

小さな褶曲が集まって全体として大規模な褶曲を作り,褶曲波面が複合的な向斜を作る場合に複向斜という.その軸面は構造の軸から外側および下向きに発散して逆向きの扇状となる.この語は現在はデーナが導入して以来変化して,地向斜の変形で起きた構造に関係するものとなっている[Dana : 1873, Peach & Horne : 1899, Aubouin : 1965].エクソクライン(exocline),inverted-fan structure, pseudoanticlinalなどは同義.[Lapworth : 1889].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複向斜の関連キーワード複果複背斜部落合議集合物大規模葡萄状じょうのうコルゲーション直線葉理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone